アフィリビト|Macユーザーのアフィリエイト入門

これからアフィリエイトを始めようとしているMacユーザーはもちろん、初心者向けと言われるワードプレスやシリウスで挫折した人も大募集!このツールさえあれば、あなたも最短コースで稼げるアフィリエイターの仲間入り!

身近なあの人をイメージしてコンテンツを作ると稼げるサイトになる!

このページでは、稼げるサイトを作るために欠かせない“ターゲット”の考え方についてご紹介しますね。よく聞いてくださいね。コレ、超重要です。


“ターゲット”を曖昧にしたままサイト作成をスタートしてしまうと、どんなに時間をかけてコンテンツ(記事)を作っても残念ながら稼ぎには結びつきません。でも、それってどうしてなんでしょう?


こんなお悩みってありませんか?

だんだんアクセス数が増えてきたのにコンバージョン(成約)に結びつかない。誰にでもウケるコンテンツにすれば、たくさんの人が見にきて買ってくれるはずでしょ?“ターゲット”を絞っちゃったら、アクセス数が減るに決まってる!サイトのコンセプトが決まらないんだけど…



理由はわからないんだけど、なぜか印象に残っている文章やフレーズってあったりしませんか?これがあなたにとっての“琴線”なんですね。ほら、よく“琴線にふれる”なんて言うじゃないですか。要するに、心に響くってこと。これが大事なんです。





人によって、“琴線にふれる”ポイントは違います。逆に言えば、一般ウケするような文章やフレーズは、誰かの心に強く響く文章やフレーズには成り得ないんです。


僕は今、家を探しています。そろそろマイホームを手に入れたいと思っていて、週末には分譲住宅を見に行くことがあるんです。


でも、個人的に分譲住宅って何だか魅力を感じないんですよねー。定番の平凡な間取りで可もなく不可もなくって感じなんですが、どういうわけだか購入しようという気にならないんです。





これって、誰からも嫌われない住宅を建てた結果なんですよね。よっぽど立地条件が良い場合を除いて、分譲住宅が売れ残りがちなのは、これが理由だと思います。


つまり、人は「そんなに悪くないから買おう!」ではなく「絶対に欲しいから買おう!」って思わない限り、わざわざお金を出して購入するという行動を起こさないんです。


もうお分かりですよね!そうです。一般ウケするコンテンツを作れば、サイトを見にきてくれる人は増えるかもしれません。でもコンバージョン(成約)には結びつきません。ある特定のターゲットの琴線にふれるコンテンツを作らなければ、購入してくれないんです。





ターゲットを明確にしてサイトを作成する。これが、稼ぐための絶対条件になるわけです。


 

嫁さんやお母さんをターゲットにすると魅力的なコンテンツになる!



では、具体的に“ターゲット”を明確にする方法を考えてみましょう。実は、とっておきの方法があるんです!


それは、「実在する身近な人物」を“ターゲット”に設定すること。当然ですが、身近な人物であれば、その人が何に興味があるのか、どんな性格なのか、いろんなことがわかっていますからイメージしやすいと思います。





例えば、Aという商品を嫁さん(旦那さん)に紹介するとしたら、どんな文章を書きますか?お母さんだったら?会社の同僚だったら?そうです。あなたの身近にいる人を思い浮かべて、その人だけに向けてコンテンツを考えたり、文章を書いたりするんです。


 

「この商品は中年の男性にウケそうだから、会社の山田部長に向けてコンテンツを考えてみよう。山田部長は仕事でも根拠を大事にしてるから、数値データを多く交えたほうが効果的かもな」

「この商品は子育て主婦をターゲットにしているから、うちの嫁さんに向けて文章を書いてみよう。ママ友からの紹介的な雰囲気のフレンドリーな文体だと読みやすいかな」



こんなイメージです。どうですか?漠然と考えるよりも、圧倒的に書きやすくなるはずです。


「コンテンツが思いつかない」とか「記事が書けない」って悩んでいる人は、“ターゲット”があいまいなことが多いです。





そりゃそうですよね、自分自身が誰に向けて書いているのかわかっていないわけですから、何を書いたら売れる文章になるのかわかるわけがないですもんね。


“ターゲット”が明確になると、コンテンツを考えたり、文章を書いたりするのが意外と楽しくなってくるはずですよ。


 

想像?妄想?を膨らませて「架空の人物」をターゲットにしよう!

 

「実在する身近な人物」を“ターゲット”に設定する方法をお話しましたが、イメージにピッタリな人がいないってこともありますよね。例えば、ダイエットサプリをアフィリエイトする場合。身近な人に若い女性がいないとか、家族に太ってる人がいないとか。


そんなときには、想像を膨らませて「架空の人物」を“ターゲット”に設定しましょう!例えば、こんな感じです。


 

Q.「ダイエットに興味がある人って?」
A.  痩せたいと思っている人
Q.「男性?女性?」

A   女性
Q.「年齢層は?」

A.  30代半ば
Q.「独身?既婚?」

A.  独身
Q.「職業は?役職は?」

A.  OL(総合職)
Q.「一人暮らし?家族と同居?」

A.  一人暮らし
Q.「好きな食べ物は?」

A.  スイーツ



で、これをベースにさらに想像を膨らませると…。


 

都内で一人暮らしの独身女性(35歳)。大手企業に総合職として入社し、夜中まで残業の日々。今年4月には係長に昇進し、仕事にやりがいを感じてはいるものの、気がつけばアラフォー。

同期の女性たちは、ほとんどが結婚して幸せな家庭を築いている。ランチ会でも育児の話ばかり。

最近、何だか急に自分だけ取り残されているような焦りを感じる。仕事のストレスは大好きなスイーツで解消しているが、入社当時に比べると体重が6㎏も増加。

外見に気を使わなくなっている自分を変えようと、先週から週末のジム通いを始めた。運動プラスアルファの効果を期待して、ダイエットサプリに興味を持っている。






どうですか?僕の想像力、たくましいでしょ?(笑)こうやって、頭の中でキャラクターを設定していくんです。どうせなら、名前をつけたり、似顔絵を書いたりしても楽しいですよね!


で、この「架空の人物」に向けたコンテンツを考えて、文章を書いていくわけです。こうすることで、あなたのコンテンツがどんどん魅力的な内容になっていくんです。できるだけ細部まで想像力を働かせて「架空の人物」を完成させましょう!
 

「でも、架空の人物に向かって書いた文章が実際に読む人に伝わるの?」
 

わかります。そう思いますよね?!でも、大丈夫なんです!というのも、文章って面白い特徴があるんですよ。 それは、不特定多数の人に向かって書いた文章は誰にも響かないが、特定の人に向かって書いた文章は意外と多くの人に響くということなんです。
 

たくさん稼ぎたいという思いが強いばっかりに、不特定多数の人に向かって文章を書くと焦点がボケてしまい、結果的には誰にも伝わらない文章になっちゃうんですよね。先ほどの建売住宅が売れないって話と同じです。


でも、特定の誰かに向かって書いた文章は、伝えたいポイントが明確になるので反応してくれる人が増えるってわけです。自分の頭の中で想像した「架空の人物」と一部でも共通点のある人が、「あっ、これって自分のことだ」と強く反応してくれるからなんですね。こういう文章は、強い共感を生みます。





コンテンツの作り方や文章の書き方に迷ったら、ぜひ実践してみてください。きっとお役に立つはずですよ!