アフィリビト|Macユーザーのアフィリエイト入門

これからアフィリエイトを始めようとしているMacユーザーはもちろん、初心者向けと言われるワードプレスやシリウスで挫折した人も大募集!このツールさえあれば、あなたも最短コースで稼げるアフィリエイターの仲間入り!

知らないと損するGoogleの秘密とは?!SEO対策の本質を一挙大公開!

このページでは、がんばって作ったサイトを上位表示させるために必要な考え方をお話します。正直、このページを読むのと読まないのでは、今後のアフィリエイト生活に大きな差が生まれると思います。遠回りしたくない方は、ぜひご一読くださいね。


こんなお悩みってありませんか?

せっかく苦労してサイトを作ったんだけど、まったく上位表示されない。どうしたらいいの?そもそも、SEO対策って何なの?ページを大量に作れば上位表示されるってこと?



どんなに気合いを入れてサイトを作成しても、googleの検索結果の少なくとも1ページ目に表示されないとクリックすらしてもらえないわけです。


だってそうですよねー。僕がネットで何かを調べるときに、検索結果のせいぜい上位3件ぐらいをチェックしてみて、それでも知りたい情報が出てこない場合には、2ページ目を見にいくんじゃなくて検索キーワードを変えて再検索することが多いですから。


じゃあ、どうすれば上位表示することができるのかってことですよね?実は、答えはシンプルなんです。


検索エンジンに「このサイトは、上位表示させる価値がある」って思ってもらえるコンテンツを作ること。これがいわゆるSEO対策の本質なんです。


アフィリエイトについて調べていると、よく“SEO対策(Search Engine Optimization)”って言葉を聞くことがあると思います。SEO対策とは、超簡単に言うと、検索結果で自分のサイトを多く露出をするために行う対策のことです。検索エンジン最適化とも呼ばれます。


では、検索エンジンって何のことかといえば、ズバリGoogle のことです。というのも、日本において検索エンジン最大手であるYahoo!もGoogleの検索エンジンを採用しているからなんですよねー。


つまり、サイトを上位表示させるためには、googleの仕組みを理解する必要があるっていうことなんです。そのヒントは、Google の会社理念にあります。少し前まで、googleの会社情報ページには「googleが掲げる10の事実」というコンテンツが掲載されていました。





その中には、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」というフレーズがあったんです。つまり、Googleはユーザーの利便性を第一に考えていることがわかりますよね。


新しいブラウザを開発するときも、ユーザーの検索結果を表示するときも、Googleは常にユーザーのことを最優先に考えているということです。


例えば、Googleのトップページが検索窓以外は真っ白なのもその理由からなんですよね。あのシンプルなトップページに企業広告をペタペタ貼ってしまっては、検索エンジンを使う人にとって不便だとgoogleは考えているからなんです。


「ユーザーのことを大切にする」なんていうと、どこの企業も常套句のように使っていますので、何だか胡散臭く感じるかもしれませんが、Googleの場合はマジなんです。




 


じゃあ、なんでこんなことをマジで考えているのかってことです。その秘密は、Googleのビジネスモデルにあるんです。Googleは、Googleの提供する検索エンジンを使うユーザーを増やし続けることが最大の目標です。


では、なぜそれを目標にしているかと言えば、検索結果に表示される有料広告がクリックされることによって企業から支払われる広告費がgoogleの収益の大半を担っているからなんです。Googleが成長した最大の理由は、まさにこの検索結果における連動広告とも言われているんですね。


じゃあ、Googleがもっともっと儲けるためにはどうすればいいのか。それには、検索結果に表示される広告を多くの人にクリックしてもらう必要があるってことがわかりますよね。


でも、だからと言って、検索結果のほとんどを有料広告にしたらどうなるか。企業がお金で買った広告ばかりが表示されることになってしまい、何だか検索結果が信用できなりますよね。


だから、Googleは有料広告の範囲を不容易に広げたりしないで、ユーザーが許してくれる程度に留めているってわけです。


Googleは、目先の収益性を重視するんじゃなく、本当にユーザーにとって便利なサービスになるように常に進化し続けているわけなんです。


例えば“ラーメン”っていう検索ワードで検索すると、検索している場所の近くにあるラーメン屋さんの情報が表示されます。


これは、Googleが「“ラーメン”という検索ワードで検索する人は、ラーメンを作りたいと思っているんじゃなく、ラーメンを食べたいと思っている可能性が高い」というように、これまでの膨大なデータベースに基づいて判断しているわけなんですね。


Googleは、とにかくユーザーが検索するのに便利な仕様を目指しています。それを確認できるのが、現在のGoogleの会社情報ページに何度も登場する「機械学習」ってキーワードなんですね。今、googleは「機械学習」に力を入れています。この「機械学習」とは何かと言えば、いわゆる人工知能のことです。機械が物事を学習して賢くなっていくプロセスのことなんですね。






googleが検索結果を表示する仕組みには、すでに人工知能が導入されていますし、この性能は今後さらに加速していくと考えられています。つまり、Googleの人工知能が「この検索ワードで検索する人は、この情報を求めている可能性が高い」というように、素早く判断して検索結果に表示しているんです。


この進化のスピードはとてつもなく早い。googleの進化に追いつこうとして情報収集しながらSEO対策するなんてことは、はっきり言って不可能に近いと思います。じゃあ、どうすればいいかってことですよね?


実は、その答えはとても簡単です。先ほどのとおり、Googleは、とにかく検索エンジンを使うユーザーにとって、便利な検索エンジンになるために日々進化しているわけですよね。


ということはですよ?その検索エンジンを使う僕たちユーザーが、どんな検索エンジンだったら「Googleって便利だな」と思うのかってことを考えればいいわけですよ。つまり、分析すべきはGoogleではなく、検索エンジンを使う自分たちだってことなんです!


では、そもそも僕たちはなぜ検索するのか。この答えとしては、簡単に言うと2つの思いに集約されるんじゃないでしょうか?


 

「自分の悩みをどうにかして解決したい」
「自分の願望をどうにかして叶えたい」

 


ということは、googleに評価してもらって上位表示させるためには、ユーザーの2つの思いを満たすコンテンツは何かってことを考え続けることがSEO対策の本質だってことがわかると思います。



これから、サイトを作成していくにあたっては、常にこのことを頭に入れて記事を書くように意識してみてくださいね!