アフィリビト|Macユーザーのアフィリエイト入門

これからアフィリエイトを始めようとしているMacユーザーはもちろん、初心者向けと言われるワードプレスやシリウスで挫折した人も大募集!このツールさえあれば、あなたも最短コースで稼げるアフィリエイターの仲間入り!

しっかり儲けて上手に節税!会社にバレずにアフィリエイトする方法


このページでは、サラリーマンが会社にバレないように副業するためのコツをお話していきますね。


こんなお悩みってありませんか?

アフィリエイト始めたいけど、会社にバレないか心配…。確定申告すると会社に副業がバレるって聞いたことがあるけど実際どうなの?



最近、僕の会社でも「働き方改革」ってキーワードを耳にする機会が多くなってきました。これって、ホントありがた迷惑なんですよねー。


だって、仕事量はちっとも減ってないのに、会社は実績作りのために残業時間を削減しようとするわけですよ。んで、結局はサービス残業が増えるって構図です(涙)なんだかなぁ…って感じですよね。
 

まぁ、それはさておき。政府が推進する「働き方改革」によって、副業を容認する会社が少しずつ増えてきているそうです。


そもそも、原則として会社が社員に就業規則で副業を全面禁止にすることは法律で認められていません。そりゃそうですよね。雇用契約書に定められている就業時間以外は、あくまでプライベートな時間なわけですから。


 


ちなみに、僕が勤めている会社の就業規則には「副業する場合には人事部に相談すること」と記載されています。バカ正直に相談したらダメって言われるのが目に見えているので、僕はアフィリエイトについて会社に話していません。

 
少し調べてみたんですが、就業規則における副業というのは、コンビニのアルバイトのように時間を拘束される労働を指すのであって、アフィリエイトは規制の対象外だという見解もあるようです。


だとすれば、会社にバレても悪影響はないのかもしれませんが、できれば余計なリスクは避けたいですよね。だって、最悪の場合は懲戒処分になるかもしれないんですよ!


 

副業で少しでも稼ぎがあったら絶対に確定申告が必要なの?

 

まず、副業での利益が年間20万円を超えると確定申告が必要になります。利益というのは、収入から経費を引いた儲けのことです。





例えば、年間20万円のアフィリエイト収入があって、アフィリエイト収入を得るために使った経費が10万円だった場合、差し引きした10万円が利益となりますので確定申告は必要ありません。
 

ですが、副業の収入が年間20万円以下であっても、給与の年間収入金額が2,000万円を超える高所得者や、給与所得以外の所得金額の合計額が年間20万円を超える人は、確定申告が必要となりますので注意してください。


 

どうして会社に副業がバレちゃうの?

 

一般的には、“確定申告すると会社に副業がバレる”と言われています。それはなぜか。


副業で得た収入を確定申告すると、給与以外の収入に対する住民税の課税金額が会社に通知されるんです。これは特別徴収制度と呼ばれていて、サラリーマンの場合は会社の給与に課税される住民税と副業の収入に課税される住民税の両方が、会社を通して一括で源泉徴収される仕組みになっています。
 

副業していなければ、その社員の住民税は給与所得分だけですが、副業することで会社が支払っている給与以上の住民税額が税務署から通知され、会社の人事担当者が「怪しい…」と思うわけです。その結果、副業が会社にバレてしまいます。
 

ちなみに、「わざわざ副業分を確定申告しなけりゃ、会社にバレることもないじゃん!」とお考えになる方はいませんか?はい。コレ、脱税です。正真正銘の犯罪です。





何らかの理由で税務署から無申告を指摘された場合、追徴課税などの重たい罰則が課されます。副業を隠すために脱税した結果、副業も脱税もバレちゃっては目も当てられませんよね。
 

 

結局のところ、アフィリエイトは諦めるしかないの?



では、会社にバレないように確定申告をするにはどうするか


住民税から発覚することを防ぐには、住民税を「特別徴収」ではなく、「普通徴収」にすることです。


具体的には、確定申告時に使用する確定申告書の用紙の2枚目にある「住民税・事業税に関する事項」という欄の中に住民税の徴収方法の選択という項目があり、「給与からの天引き」または「自分で納付」を選択できるようになっています。





「自分で納付」にチェックを入れると、会社には副業の収入に対する住民税が通知されません。その代わり、自分で住民税を市町村に支払うことになります。


但し、この方法で確定申告をしたとしても、市区町村役所によっては、会社に通知される場合もあると言われています。どうしても心配な方は、市区町村に相談してみてください。
 

もうひとつ、重要なことがあります。


それは、副業していることを不用意に話さないこと。特に、会社の同僚に副業していることを言ってしまうと、あらぬ噂を広められたり、妬みなどから人事部に密告されたりするリスクがあります。


稼げるようになると、誰かに言いたくなる気持ちはわかります。ですが、会社にバレたくない人は、副業していることを絶対に口外しないよう肝に命じてください。
 

 

おトクな節税対策!通信費は経費として計上できるってホント?



副業を行う上で必要な物品を購入した費用は、経費として計上することができます。経費と認められる額が多いほど、その分を節税することができます。


例えば、副業でアフィリエイトを行なっている人の場合、インターネット代などの通信費を経費として計上することが可能です。また、自宅で作業を行なっている人は、家賃や水道光熱費に関しても作業で使用していると認められる分(家事按分)については経費に計上できます。





経費として計上したいものは必ず領収書やレシートを保存しておきましょう。当然ですが、副業に関係のない個人的な支払いを経費に計上すると、ペナルティを受けるので注意してくださいね。