アフィリビト|Macユーザーのアフィリエイト入門

これからアフィリエイトを始めようとしているMacユーザーはもちろん、初心者向けと言われるワードプレスやシリウスで挫折した人も大募集!このツールさえあれば、あなたも最短コースで稼げるアフィリエイターの仲間入り!

初心者必見!mixhost(ミックスホスト)を選ばないと後悔する理由


このページでは、レンタルサーバーの選び方や具体的な契約方法について詳しく紹介していきますね。初めてサイトを作成する方にとっては、少し難しく感じるかもしれません。でも、このページのとおり進めてもらえれば、契約までスムーズに完了することができますので、安心してくださいね!


例えば、こんなお悩みってありませんか?

レンタルサーバーってどうやって選べばいいの?そもそも、どんな種類があるの?スペックにそれほど違いがあるとは思えないんだけど…。いくらぐらいするもんなの?


レンタルサーバーはマイホームで言うところの“土地”にあたる部分だとお話しましたよね。もちろん、土地よってスペックは違います。広さや値段、駅からのアクセスなど様々な特徴があるわけです。僕が使ったことのあるレンタルサーバーを比較しながら、その特徴をみていきます。


 

結局のところ、レンタルサーバーってどんな基準で何を選べばいいの?



レンタルサーバーを選ぶときのポイントは、“表示速度”“価格”。ただこれだけです。要するに、コスパってことですね。そういう意味で、僕は“mixhost(ミックスホスト)”を強くオススメします!





実は、僕がアフィリエイトを始めてから、ずっと“XSERVER(エックスサーバー)”っていう別のレンタルサーバーを使っていたんですが、つい最近“mixhost(ミックスホスト)”に乗り換えました。





“mixhost(ミックスホスト)”と“XSERVER(エックスサーバー)”は、レンタルサーバー界で二大巨頭と呼ばれるほど大人気サーバーなんです。誤解のないようにお伝えしておくと、“XSERVER(エックスサーバー)”もすごく使い勝手が良いサーバーなんですよ。でも、それ以上に“mixhost(ミックスホスト)”が最高だった!


“mixhost(ミックスホスト)”を選ばないと損する理由をわかりやすく紹介していきますので、どのサーバーにするか迷っている方がいれば参考にしてみてくださいね。



“mixhost(ミックスホスト)”最大の武器は爆速にあった!



“mixhost(ミックスホスト)”は、2016年に開始したばかりのサービスで、まだまだ新参者のレンタルサーバーなんです。にも関わらず、老舗の“XSERVER”に迫る勢いで加入者を急激に伸ばしている今大注目のレンタルサーバーです。


じゃあ、なんで“mixhost(ミックスホスト)”がそんなに人気なのか。


答えは、圧倒的な表示速度にあるんです!ここでいう表示速度っていうのは、ユーザーがURLをクリックしてからサイト画面が表示されるまでの時間のことです。


「えっ?契約するレンタルサーバーによって表示速度が違うの?」


はい、そうなんです!僕もアフィリエイトを始める前は、サイト作成の知識がまったくなかったので、これを知ってビックリしたのを覚えています。契約するサーバーによって表示速度が明確に違います


顧客分析ツール(issmetrics)での調査によれば、“サイトの画面表示に3秒以上かかる場合、サイト訪問者の40%が離脱する”っていう結果が出ています。つまり、アクセス数を増やすには表示速度が超重要だってことなんですねー。勉強になります、はい。






そこで気になるのは、“mixhost(ミックスホスト)”の速さの秘密はどこにあるのかってことですよね?専門的な話は抜きにすると、要するに他のサーバーと比べて呆れるぐらいハイスペックだからなんです(笑)



多くのサイトは、“Apache(アパッチ)”とか“Nginx(エンジンエックス)”っていうサーバー形式を採用しています。ですが、“mixhost(ミックスホスト)”では“LiteSpeed(ライトスピード)”っていうサーバー形式を採用しているんです。


“LiteSpeed(ライトスピード)”は、次世代のサーバーと呼ばれていて、これから普及が予想される新しい技術のサーバーなわけです。ちなみに、“XSERVER(エックスサーバー)”は“Nginx(エンジンエックス)”を採用しています。


“LiteSpeed(ライトスピード)”は、“Apache(アパッチ)”とか“Nginx(エンジンエックス)”よりも表示速度が圧倒的に速いってことなんです。性能テストの結果を比較すると、“Apache(アパッチ)”とか“Nginx(エンジンエックス)”よりも約3倍以上も速い結果が出ているんですよ!


実際、僕の運営しているサイトでも確実に表示速度が上がりました。これが乗り換えた最大の理由ですし、満足しているポイントです。やっぱり、サイトはサクサク表示されなきゃストレス溜まりますもんねー。





 

“mixhost(ミックスホスト)”がオススメなのはわかったけど、どのプランがお得なの?



次は、気になるお値段の話です。


僕のオススメは、一番安い“スタンダード”ですね。公式サイトでは、“プレミアム”推しのようですが、プランによって機能が制限されることはありません。


なので、サイトを初めて作成するアフィリエイト初心者さんは、“スタンダード”で十分です。実際、僕も“スタンダード”で契約して、このサイトを運営しています。






利用料金について、“XSERVER(エックスサーバー)”と比べてみたのが下の表です。



 
mixhost VS XSERVER(利用料金)
mixhost
(スタンダード)
XSERVER
(スタンダード)
初期費用 0円 3,000円
月額料金 980円 1,000円
お試し期間 30日間 10日間


どうですか?“XSERVER(エックスサーバー)”と比べても、初期費用が無料なだけじゃなくて、30日間もお試し期間があるなんて、こんなお得なことはないですよね!


 

初心者には欠かせないデータ復元機能にも注目!



実は、もうひとつだけ注目してもらいたいポイントがあるんです。それはデータ復元機能です。コレ、超重要です。


サイト運営で最も恐怖なのは、サイトのデータが消失しちゃうことなんです。例えば、日々の会社生活でも、何時間もかけて作ったWordデータの報告資料が突然のバグで消失しちゃったり、せっかく作ったプレゼン資料を保存しないまま、間違えて“閉じるボタン”を押しちゃったり…。


「あ〜、マジかぁ〜!なんでこまめに保存しとかなかったんだ…」


これまで何度泣されたことか…。皆さんも一度は同じような経験があるんじゃないでしょうか?実は、“mixhost(ミックズホスト)”であっても“XSERVER(エックスサーバー)”であっても、自動バックアップの機能自体はあります。でも、保管期間と復元手数料に大きな違いがあるんです。


 
mixhost VS XSERVER(データ復元)
mixhost
(スタンダード)
XSERVER
 (スタンダード)
保管日数 過去30日分 過去14日分
復元手数料 0円 10,000円
復元方法 自分で復元可能 復元の申請が必要


まず、“mixhost(ミックスホスト)”の場合、保管期間は過去30日分で、復元手数料は完全無料。この値段でお得感ハンパないですよね!


“XSERVER(エックスサーバー)”の場合、保管期間は過去14日分で、ファイルの復元手数料は別途10,000円必要です。


さらに“mixhost(ミックスホスト)”がスゴイのは、過去30日間のバックアップデータから必要な時点に溯って復元できるリストア機能が標準で装備されているので、管理画面から簡単にデータの復元が可能なんです。ちなみに、“XSERVER(エックスサーバー)”の場合はデータ復元の申請を提出しなければなりません。面倒だし、時間がかかっちゃいます。


 

メリットばかりみたいだけど、“mixhost(ミックスホスト)”のデメリットはないの?



あと、“mixhost(ミックスホスト)”のデメリットについても書いておきますね。残念ながら、“mixhost(ミックスホスト)”にもデメリットがあります。


それは販売元への問い合わせ方法です。


“XSERVER(エックスサーバー)”が電話での受け付けも可能なのに対して、“mixhost(ミックスホスト)”はメール対応のみなんです。ちょっと残念ですね。でも、こういう部分でコスト削減しているからこそ、低価格で高品質なサービスを提供できているってことなんでしょうかね。


ただ、考えてみてください。実際には、一度契約してしまえば、販売元に問い合わせすることなんてほとんどないのが実態です。普段使っている携帯電話会社や電力会社に電話する機会がないのと一緒かもしれませんね。


それよりも、これまで紹介してきたメリットのほうが間違いなく絶大なので、僕は“mixhost(ミックスホスト)”を強くオススメします。ぜひ参考にしてみてくださいね。


“mixhost(ミックスホスト)”でレンタルサーバー契約してみよう!



では、実際に“mixhost(ミックスホスト)”に登録してみましょう。このとおりに実践すれば、基本的に迷うことはないと思いますので、試してみてください。もし、わからないことがあれば、問い合わせページからお気軽にご質問ください。

 
手順(1)トップページから申し込み

まず、こちらのリンクから“mixhost”のトップページへ移動します。そこで、“お申し込み”をクリック。

 
手順(2)申し込みプランを選択

申し込むプランを選択します。もし迷ったら、“スタンダード”にしておけば間違いありません。ディスク容量についても、超大型のサイトを作成しない限り、40GBあれば十分ですので安心してくださいね。ちなみに、僕も“スタンダード”です。

 
手順(3)サブドメインの設定

ここでは、サブドメインの設定が必要になります。実際のサイト作成には、“お名前.com”で登録したドメインを使用することをオススメしていますので、ここで設定したサブドメインは使いません。ですので、あまり深く考えずフリーのメルアドを取得する感じで適当に設定しておいてもらえば大丈夫です。

 
手順(4)会員情報の入力


続いて、会員情報を入力してください。最後にパスワードを設定したら申し込み完了です。設定したメールアドレスに登録完了の通知が届きますので、内容を確認してみてください。どうですか?超簡単ですよね!

“mixhost”の詳しい情報はこちら